2015年

11月

10日

米国発のコーヒーブーム「サードウエーブ」とは

ニューヨークのコーヒーショップ「joe」
ニューヨークのコーヒーショップ「joe」

 ◇知って驚くコーヒー革命

 ◇2015年11月10日号


川口葉子(ライター)


 コーヒー業界でここ数年来、話題となっているサードウエーブ(第3の波)とは、米国で起きた3度のコーヒーブームによって、コーヒーの地位が向上していくさまを、米国の女性解放運動の歴史になぞらえたものだ。

 提唱者のトリシュ・ロスギブ氏によれば、第1波は19世紀、コーヒーの大量生産と流通の進歩により米国でコーヒーが家庭に普及した“社会進出”を指す。

 第2波は1960年代に始まったコーヒーの味の向上を求める動きと、それを実現したコーヒー店、ピーツ・コーヒーに始まるスターバックスなどのシアトル系コーヒーチェーンによる一定品質のコーヒーの“拡散”を指す。

 そして第3波が90年代後半に起こった高品質で個性豊かなコーヒーのムーブメントである。「From Seed To Cup(種からカップまで)」と表現されるように、生産地と栽培・収穫・精製法から、輸送と保管、焙煎と抽出に至るまでの全てのプロセスにこだわり、さらなる風味の向上、およびコーヒー文化の地位向上をはかる。

 ただし日本のコーヒー事情は、必ずしも米国と同じではない。街角には自動販売機の缶コーヒー、コンビニコーヒー、さらに国内外のコーヒーチェーンや喫茶店がひしめき、歴史も文化もより複雑だ。(了)

この号の掲載号

【特集】緩和中毒

 ECB FRB 日銀 中国人民銀

 世界4極 大緩和ドミノ

 

【特集2】知って驚く コーヒー革命

 勢力図画一変/名店の系譜

 

 発売日:2015年11月2日 定価:620円

 

 ■目次を見る

 ■ネット書店で購入する

 ■年間定期購読