2015年

11月

10日

米国:利上げを阻む3要因 政策練り直しを迫られるFRB

利上げを実行したいFRB(Photo: Bloomberg)
利上げを実行したいFRB(Photo: Bloomberg)

鈴木敏之

(三菱東京UFJ銀行グローバルマーケットリサーチシニアマーケットエコノミスト)


 米連邦準備制度理事会(FRB)は「年内の利上げ開始」を繰り返してきたが、米国の経済指標が弱いことや、デフレ回避を意識した欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁の追加緩和の意向表明で、難しくなった面があった。

 ところが、10月28日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明で、12月に利上げする意向があることを表明した。

 それでも、ECBの追加緩和の意向表明や、理事会後のECBのコンスタンシオ副総裁の発言は、FRBの利上げを阻む面がある。

 第一は、停滞する世界経済への判断である。FRBは9月17日のFOMCで利上げ開始を見送った際に、「世界経済と金融に不安がある」ことを声明に書き加えた。今後、FRBが利上げ開始に進むのであれば、この判断を撤回しなければならない。ところが、ECBがいち早く世界経済の不安を前面に出してしまったため、10月28日のFOMCでは、それを全面削除できず、監視の対象と言い続けている。

 ECBによる追加緩和の意思表明が意味するのは、ECBが「今の世界経済停滞は1~2カ月で解消を見込めるようなものではない」と判断していることである。FRBが利上げに進めば、ECBとは異なる判断を持つことになる。

 もし、FRBが利上げ開始に進むために、世界経済について強気の見方をすれば、それが外れた時に、「ECBは警戒していたのに、FRBはその判断を誤った」という汚名を残すことになる。

 第二は、インフレ目標への忠実さが問われる問題である。....

関連記事

この記事の掲載号

【特集】緩和中毒

 ECB FRB 日銀 中国人民銀

 世界4極 大緩和ドミノ

 

【特集2】知って驚く コーヒー革命

 勢力図画一変/名店の系譜

 

 発売日:2015年11月2日 定価:620円

 

 ■目次を見る

 ■ネット書店で購入する

 ■年間定期購読