2015年

11月

24日

【世界を飛べ MRJ】ローンチカスタマー・ANA 篠辺修社長インタビュー

 2015年11月24日特大号

 ◇燃費と環境性で優れるMRJをうまく使いたい
 
MRJをエアラインとして最初に運用する全日本空輸(ANA)の篠辺修社長に、MRJへの期待を聞いた。

(聞き手=大堀達也・編集部)

 

 MRJのローンチカスタマー(航空機の新規開発の後ろ盾となる航空会社)に手を挙げたのは、2008年ごろ、中長期の機材計画における小型機の品ぞろえの議論の中で、100席クラスの機体が要るという話になったのが始まりだ。ボーイングの「B737─500」(約120席)が退役すると、最も小型のボンバルディア(カナダ)製プロペラ機「Q400」(74席)の次が150席クラスになってしまう。

 そこに、ちょうど三菱重工業が80~100席の機体を作るという話が出て、実績のあるボンバルディアやエンブラエル(ブラジル)のジェット機とMRJが競合することになった。結果的にMRJを選んだのは、MRJが計画段階ながら、燃費と環境性に優れていたからだ。悪天候に強いジェット機で、プロペラ機並みの燃費という希望のコンセプトにかなった。

  問題は、日本で初めてのジェット旅客機の開発リスクをどう織り込むか。当時ANAは、すでにB787のローンチカスタマーとして経験を積んでいた。大変だが十分メリットも得られると考え、ローンチカスタマーになる決断をした・・・

関連記事

この記事の掲載号

2015年11月24日特大号

 

【特集】世界を飛べMRJ

 第1部 MRJテイクオフ

  MRJ徹底解剖

  インタビュー:ANAナブテスコ住友精密

  MRJはどこを飛ぶ? 徹底シミュレーション!!

 第2部 日本の空が変わる 

  日本の空港改革 / 空港設備銘柄

定価:670円 発売日:2015年11月16日