2015年

11月

24日

【WORLD WATCH】韓国 『大脱出』巡り論争 背景には格差問題

Bloomberg
Bloomberg

 ◇2015年11月24日特大号


 米村 耕一

 (毎日新聞ソウル支局)


 今年のノーベル経済学賞を受賞した米プリンストン大学のアンガス・ディートン教授の著書『大脱出─健康、お金、格差の起源(原題:THE GREAT ESCAPE health, wealth, and the origins of inequality)(以下、大脱出)』の韓国語版を巡り、ハンギョレ新聞は10月31日付の朝刊1面で、出版元のハンギョンBPを批判した。新聞の1面には、「大胆に歪曲された『大脱出』」との見出しでディートン教授との電子メールを通じたインタビュー記事が掲載された。

 事の発端は昨年、ハンギョンBPが出版した韓国語版の『大脱出』が、「格差はいかにして成長を触発するか」という原書にない副題を付け、文章も一部省略して発売したことだ。ノーベル賞発表後の10月中旬から『大脱出』への注目が高まり、「副題や省略によって強調点が変えられ、韓国語版は格差を擁護する印象を与えている」との批判が起きた。そんな中急先鋒(きゅうせんぽう)に立ったのがハンギョレ新聞だ。

 ディートン教授が副題や省略について了承していなかったことも明らかになり、ハンギョンBPは11月4日、フェイスブックを通じて読者に謝罪。近く原著に忠実な翻訳本を発売し、無料交換に応じると発表した。

『大脱出』では、貧困から抜け出すことに成功してきた人類の歴史が書かれている。騒動が過熱した背景には、「格差」を巡る韓国社会の現状もありそうだ。(了)

関連記事

この記事の掲載号

2015年11月24日特大号

 

【特集】世界を飛べMRJ

 第1部 MRJテイクオフ

 MRJ徹底解剖

 MRJはどこを飛ぶ? 徹底シミュレーション!!

 Interview:ANAナブテスコ住友精密

 

 第2部 日本の空が変わる 

 日本の空港改革 / 空港設備銘柄

定価:670円 発売日:2015年11月16日