2015年

12月

08日

そうだったのか!TPP 上がる株下がる株

◇素材・産業機械の北米輸出に追い風


小川佳紀

(岡三証券日本株式戦略グループストラテジスト)


 工業品では、素材分野で関税撤廃による業績面への押し上げ効果が予想される。

 化学繊維や炭素繊維などの原材料が即時撤廃の対象になる。炭素繊維について は、今後、航空機向けの需要が爆発的に増加し、大手米航空機メーカー向けの引き合いが強まることが期待されている。東レや帝人など、国内の炭素繊維メー カーは世界的に競争力が高い。TPPの後押しを受けて競争力が一段と高まることになろう。
  産業機械では工作機械分野も恩恵を受けるだろう。北米向けの工作機械の輸出には約2~4%程度の関税が掛かっているが、5年目までに撤廃される。北米では 新車市場の拡大が続いており、自動車メーカー向けの工作機械に強みを持つオークマや牧野フライス製作所などには追い風となりそうだ。