2015年

12月

08日

ストラテジストが読む東京市場

 ◇2万円回復後は弱気に

  ◇2015年12月8日特大号


丸山 俊
(BNPパリバ証券日本株チーフストラテジスト)

 日経平均株価は2万円の大台回復が目前だ。10月以降、政策期待の高まりと共に中国景気の悪化に歯止めがかかった。そうしたところに米国景気が持ち直し、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げ観測の復活で円安(ドル高)が進んだ。さらに、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が追加緩和を示唆したことを受けて、欧州マネーが利回りを求めて日本国債だけでなく日本株にも流入している。
 10月から資産構成の見直しが始まった3共済(国家公務員共済、地方公務員共済、私学共済)をはじめ、これから見直しを本格化させるゆうちょ銀行やかんぽ生命保険は、見直しが終わる来年春先まで株買いが増える期待が高まる。....

この記事の掲載号

週刊エコノミスト 2015年12月8日号 表紙 TPP

週刊エコノミスト 2015年12月8日号


【特集】そうだったのか!TPP

期待外れの政治ショー

いまさら聞けないTPPのキホン

こう変わる日本の産業

保存版 関税一覧

米国で高まる「反TPP」感情