2015年

12月

22日

【EconomistView】海外も見据えたブランド戦略で「ルルルン プレシャス」を市場投入 2015年12月22日特大号

海外も視野に、今後のブランド戦略を語る山口社長

フェイスマスク「LuLuLun(ルルルン)」に40~50代向け新商品


広告キャラクターには松本伊代さんを起用


 高価格のイメージの強いフェイスマスクを、高品質はそのままに誰もが購入しやすい価格帯で提供し、「スペシャルケア」を「デイリーケア」に変えた「LuLuLun(ルルルン)」。2011年7月からの累計販売枚数は、今年3月に2億枚を突破している。

 このヒット商品を企画・販売しているグライド・エンタープライズが、新たなブランド戦略商品である「LuLuLun Precious(ルルルン プレシャス)」を12月に市場投入した。従来のルルルンが20~30代をターゲットにしていたのに対し、ルルルン プレシャスは40~50代向けの商品。山口道元社長は「親子で使っていただきたいというのがコンセプト。40代からの大人肌の悩みを徹底的に分析し、“保湿”と“透明感”に絞り2製品を開発しました」と紹介する。



 12月2日のブランド戦略発表会には、ルルルン プレシャスの広告キャラクターに起用された松本伊代さんも登場。デビュー曲の「センチメンタル・ジャーニー」をリアレンジした「センチメンタル・ジャーニー まだ50歳ver.」を熱唱し、「もう50歳ではなく、まだ50歳だと思うと、これからの人生を楽しむワクワク感があります。同世代の方には、ルルルン プレシャスで肌にも気持ちにも自信を持ち、ポジティブになってほしい」とエールを送った。

ルルルン プレシャスの「濃密保湿のレッド」(左)と「徹底透明感のホワイト」


左から、ルルルンブランドの商品企画責任者、佐藤すみれ取締役、松本伊代さん、山口社長

 ルルルンの売り上げは、11年度の3億6千万円に対し、14年度は38億円と急伸している。「その間、お客様の声に応えることを最優先に5回リニューアルしました。なかでも特徴的なのが、14年9月に生まれたボックスタイプ。日常使いする上で、取り出すときに2枚出てきたり、立てかけておくと滑り落ちてくるといったお客様の声に応え、大きな支持をいただきました」

 そして今回、ニーズに合わせて「濃密保湿のレッド」と「徹底透明感のホワイト」の2種類が使い分けられるルルルン プレシャスを発売。ルルルンブランド全体で、15年度に90億円、16年度には125億円の売り上げを見込む。


 山口社長は、「フェイスマスクをスキンケアの中心的な化粧品にしたい。そして、国内はもちろん、アジアのお客様にも私たちの商品をもっとお届けできるようチャレンジしていきたい」と意欲を見せる。


同社の商品など詳しくはホームページ(http://glide-e.com)で紹介されている。