2016年

5月

31日

週刊エコノミスト 2016年5月31日号

定価:620円(税込)

発売日:2016年5月23日

特集:経済は物理でわかる

 

◇ビッグデータが覆す経済の常識

◇実証科学の視点から理論構築へ

 

 コンピューターの発達に伴いビッグデータを分析する「人工知能」が注目を集めている。米グーグル傘下の人工知能囲碁プログラム「アルファ碁」が人間のトップ棋士を破ったことは世界に衝撃を与えた。

 同じことはビジネスでも起きている。日立製作所の人工知能「H」は、ホームセンターの客単価を15%増やした。情報端末により客と従業員の動きをビッグデータとして解析し、店内の要所に従業員がとどまる時間を長くすることで、客が足を止めて買い物する機会を増やした。
 小売業では、従業員の作業や客の流れを「動線」として考えてきた。しかし、専門家も「H」のような手法を見つけることはできなかった。

続きを読む


ピックアップ

経営者:編集長インタビュー

◇百貨店受難の時代を「ものづくり」で生き残る

 

Interviewer 金山隆一(本誌編集長)

 

 百貨店大手の三越伊勢丹ホールディングスの2016年3月期決算は、売上高1兆2872億円(前年比1・2%増)、経常利益367億円(同6・2%増)で売り上げ・利益ともに微増となった。大西洋社長は「中間層の消費減退が顕著」と危機感をあらわにする。

続きを読む

ワシントンDC

◇トランプ氏の指名確定で共和党が変貌する可能性

 

今村卓(丸紅米国会社ワシントン事務所長)

 

 米大統領選で不動産王ドナルド・トランプ氏が共和党の指名獲得を確実にしたことで、いよいよ共和党の動揺が始まりそうだ。

 トランプ氏は、予備選・党員集会で過半数の代議員獲得の見通しが立たなかった4月半ばまでは、支持拡大のために共和党主流派に接近する構えを見せていた。

続きを読む