ブログカテゴリ:ピックアップ


19日 6月 2018
編集部  中国で巨額の損害賠償を求められている裁判には裏があった――。オリンパス中国深セン工場(OSZ)の贈賄疑惑で、OSZが深セン税関とのトラブルを解決した現地仲介者と交わした契約の中身が、本誌入手の内部資料により明らかになった。 
15日 5月 2018
再生可能エネルギーや電気自動車(EV)の普及への過度な期待や楽観が、近未来に混乱をもたらす可能性もある。
26日 3月 2018
 エコノミスト賞選考委員会は「第58回(2017年度)エコノミスト賞」の受賞作に、神林龍著『正規の世界・非正規の世界』(慶応義塾大学出版会)を選んだ。授賞式は5月14日に開催予定。神林氏には賞金100万円と賞状、記念品を、出版元の慶応義塾大学出版会には賞状が贈られる。...
06日 3月 2018
オリンパスが医療機器子会社のトラブルを巡り中国で税務当局を買収していたことが明らかになった。...
27日 2月 2018
巨大リゾート経営の「贈賄王」がオリンパスの中国・深セン工場の女子寮を実行支配している――。 取引を承認した取締役は特別背任に問われる疑いがある。オリンパス贈賄疑惑の続報をお伝えする。
13日 2月 2018
500億円超の仮想通貨がわずか20分で消失した。
13日 2月 2018
中川 美帆(パンダジャーナリスト) ジャイアントパンダ「シャンシャン」の公開でフィーバーに沸く東京・上野動物園。2月1日からは抽選なしの先着順で観覧できるようになり、さらなる集客が予想される。パンダが動物園の運営と経営に与える影響は?
06日 2月 2018
オリンパスが中国で「反社会勢力」と目される企業との間で起きたトラブルをめぐり、法務部員から訴訟を提起される事態に陥っている。...
10日 1月 2018
◇インタビュー全文 ラグラム・ラジャン シカゴ大学経営大学院教授 ◇金融分野で増える借金投機 ◇引き締めが重なれば重大事態も...
10日 1月 2018
◇物価上昇待っての政策動員は遅い ◇経済学者は現実を受け入れろ 経済学の“異端児”に米金融政策の行方や世界の成長見通しを聞いた。 (聞き手=岩田太郎・在米ジャーナリスト) ※1月2・9日合併号の未掲載分も含めたインタビュー全文掲載しています。

さらに表示する