ブログカテゴリ:経営者 編集長インタビュー


31日 7月 2018
Interviewer 藤枝克治(本誌編集長) ── 2017年度は売上高と営業利益が7%ずつの増収増益でした。要因は。...
24日 7月 2018
Interviewer 藤枝克治(本誌編集長) ── 人口減少が進み、市場縮小が続く国内市場でどう戦いますか。 稲垣 商品を通じて健康寿命を延ばすことを目指しています。健康寿命が延びれば生命保険の給付が減りますし、契約者も健やかな人生を送れます。...
17日 7月 2018
Interviewer 藤枝克治(本誌編集長) ── T&Dの特徴は。 上原 国内の生命保険会社として初めて、2004年4月に持ち株会社の「T&Dホールディングス」を設立し、上場しました。中核となる太陽生命、大同生命、T&Dフィナンシャル生命の3社はそれぞれの市場で独自性と専門性を発揮していることが最大の強みです。...
10日 7月 2018
interviewer 藤枝克治(本誌編集長) ── 7月1日にAGC旭硝子からAGCに社名を変更します。狙いは。...
03日 7月 2018
Interviewer 藤枝克治(本誌編集長) ── アルヒ(ARUHI)の特徴を教えてください。 浜田 国内最大手の住宅ローン専門金融機関です。住宅金融支援機構と提携して提供している最長35年の全期間固定金利住宅ローン「フラット35」の2017年度の取扱件数は業界第1位で、2010年度から8年連続でトップシェアを守っています。...
26日 6月 2018
Interviewer 藤枝 克治(本誌編集長) ── バイクとモーターボートの会社というイメージです。...
19日 6月 2018
 Interviewer 藤枝 克治(本誌編集長) ── 4月に伊藤忠商事が子会社化することを発表しました。 高柳 伊藤忠グループの中核企業として位置づけられたのは光栄なことです。私の知る限り、社内でネガティブに受け止めている人はいません。私自身も、伊藤忠を使い倒そうという気持ちは変わりません。...
12日 6月 2018
Interviewer 藤枝克治(本誌編集長) ── 2018年3月期決算は売上高が過去最高を更新し、好調でした。 谷本 主力の部品事業が市場環境に恵まれ、好運でした。半導体製造装置の需要が増加し、産業・自動車用部品分野では世界市場で過去最高の約6兆円の出荷額となりました。 ── 需要増にどう対応しますか。...
05日 6月 2018
Interviewer 藤枝克治(本誌編集長)  「電気炉により化学製品を製造する」が由来の「電気化学工業」から2015年に「デンカ」へと改称。カーバイド(炭化カルシウム)と石灰窒素肥料の製造を原点に、耐性に優れた合成ゴム「クロロプレンゴム」や電子部品材料、ワクチンなど製品は多岐にわたる。 ── どんなものを作っていますか。...
29日 5月 2018
Interviewer 藤枝克治(本誌編集長) ── アース製薬と言えば、殺虫剤の会社というイメージがあります。 川端 入社した24年前は殺虫剤の売り上げが8割から9割といっても過言ではありませんでした。今では単体で5割、グループでは3割程度です。  ◇殺虫剤から「虫ケア」へ...

さらに表示する