週刊エコノミスト 2017年1月24日号

特別定価:670円(税込み)

発売日:2017年1月16日

週刊エコノミスト2017年1月24日号

 

トランプ襲来!

 

「介入主義」で米製造業の衰退が始まる

吉松崇(経済金融アナリスト)

ドナルド・トランプ氏が1月20日の米大統領就任を前に、早くもツイッターなどを駆使して世界を動かしている。

 米自動車大手、フォード・モーターは、メキシコの新工場建設計画について、トランプ氏から「恥知らず」「高い関税をかける」などと再三批判され、1月3日、ついに計画撤回を発表した。トランプ氏はこれに「感謝する」と応じたのもつかの間、今度はゼネラル・モーターズ(GM)に対して同日、「メキシコで生産した小型車を関税なしで米国に送っている。米国で生産しろ。さもなければ高い関税を払え」と脅した。

 矛先は日本にも向いた。

全文を読む


◇「我々は皆リフレ派である」

◇金融緩和の効果は絶大だ

原田泰・日銀審議委員

全文を読む

自動運転ベンチャー 

◇上場延期のZMPに試練

◇出資問題と情報漏えいが痛手

全文を読む

◇陰の主役はアウディ

◇自動運転は量産間近

【米家電見本市(CES) 】

桃田健史(自動車評論家)

全文を読む

天皇陛下の退位

◇一代限りの特別法提案へ

◇「皇位の安定性」損なう恐れ

全文を読む

【経営者・編集長インタビュー】

来島達夫 JR西日本社長

◇「山陰・山陽の魅力を豪華列車で発信します」

全文を読む