週刊エコノミスト 2017年2月28日号

特別定価:670円

発売日:2017年2月20日

 

 弁護士

VS

会計士 司法書士

弁護士、公認会計士、司法書士は、難関国家資格の

「士(さむらい)業」の代表格だ。司法制度改革後に右肩上がりで増えた結果、同じ資格同士だけでなく、隣接士業の仕事を食い合う仁義なき戦いを繰り広げる。

 

 弁護士は従来の民事・刑事から、企業の経済活動に伴う「企業法務」に勢力を拡大した。企業・経済の成

長が伸び悩む中、もともと企業に強かった会計士と市場でぶつかるようになった。企業統治(コーポレート

ガバナンス)の重視による社外取締役、監査役はその主戦場だ。全文を読む


「過払いバブル」の余波

〔弁護士 vs 会計士、司法書士〕

全文を読む

 

有罪率99%の日本

刑事弁護にネットで簡単アクセス

〔弁護士 vs 会計士、司法書士〕

全文を読む

Bloomberg
Bloomberg

東芝メルトダウン:国策心中で原発管理会社へ

東芝の経営危機が終わらない。巨額赤字と債務超過を事業売却でしのいだ前期に続き、今期は原子力事業で赤字と債務超過に見舞われ、収益の柱の半導体事業の完全売却を迫られる。巨大組織は急速に縮小しているが、原発事業の継続に固執しており、国策と抱き合い心中の果てに「原発管理会社」へなりかねない。全文を読む

Bloomberg
Bloomberg

◇トランプ時代のFRB新体制

◇蠢く「イエレン後」の幹部人事

全文を読む

〔経営者:編集長インタビュー

丸山寿 日立化成社長

◇高機能材料ベースに1兆円企業へ

 

── 日立化成はどんな会社ですか。

丸山 1912年に日立製作所がモーター用の絶縁ワニス(電気の流れを遮る樹脂)を作ったのが当社の始まりで、62年に分離独立しました。一言で言えば、樹脂を混ぜたり、貼ったり、塗ったり、ひっぱったりして材料を作っている会社です。

全文を読む