週刊エコノミスト 2017年5月16日号

発売日:2017年5月8日

定価:620円

 

まるかじり

 アップル株と世界経済

 

◇時価総額は80兆円

◇アイフォーンが経済を変えた

 

「株価は150ドルを予想」(米ゴールドマン・サックス証券)「目標株価を161ドルに引き上げる」(米モルガン・スタンレー証券)──。

 

米国の株式市場はアップル株の話題で持ち切りだ。年初の株価は110ドル台だったが、その後、じりじりと上昇し、4月4日には144・77ドルの過去最高値を更新、時価総額は世界一で、日本円で約83兆円になった。国内総生産(GDP)世界17位のオランダの経済規模を上回る。

 材料は今秋に3年ぶりの全面改良が見込まれる新型iPhone(アイフォーン)だ。続きを読む


FLASH!

◇オリンパス元社長らに590億円賠償命令

◇東芝でも巨額賠償の可能性が大

全文を読む

 

【日銀が国債を売る日】

◇ヘリマネも出口の対応策

◇売りオペ可能な仕組みが必要

岩村充・早稲田大学大学院経営管理研究科教授

全文を読む

経営者:編集長インタビュー

糸井重里 ほぼ日社長

◇「ほぼ街(まち)」を作りたい

 

 

 コピーライターの糸井重里氏率いる「ほぼ日(にち)」が3月16日、東京証券取引所ジャスダック市場に上場した。コラムなどを集めたウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営する同社の売上高は約38億円。サイトでの物販が好調で、1日1ページ、24時間枠で予定を書き込める「ほぼ日手帳」は毎年60万部以上を売り上げる。続きを読む