週刊エコノミスト 2017年6月20日号

特別定価:670円

発売日:2017年6月12日

 

CIAと英公文書が明かす

 

東芝と経産省

失敗の本質

 

官民もたれあいに沈んだ東芝

「(株)ニッポン」モデルの終焉

 

 東芝の現在の経営危機を招いた原因のひとつは、2006年の米原子力会社ウェスチングハウス(WH)買収であることは論をまたない。

 WH買収の25年前にあたる1981年8月11日、米中央情報局(当時はDCI、現在はCIAに統合)は報告書『ゼネラル・エレクトリック(GE)の原子力発電製造中止の影響』をまとめた。

 A4用紙2枚の簡略な報告書は、機密指定もない。しかし、その内容は今日の我々を驚かせる。

続きを読む


ピックアップ

◇「カール」を駆逐したのは誰か

◇東日本撤退の深層

 

おやつの定番だった「カール」が東日本で販売されなくなる。撤退の理由は「食べない」「売れない」だけなのだろうか。

全文を読む

〔経営者:編集長インタビュー

竹増貞信 ローソン社長

◇生活を下支えする便利な存在に

全文を読む