週刊エコノミスト 2017年7月18日号

特別定価:670円

発売日:2017年7月10日

 

ここから買う株2万円

 

◇金利上昇で見直される金融株

◇日米欧中の好況感そろい踏み

 

「日本のメガバンクの株を買いたい」。

6月下旬、米国のヘッジファンド関係者から、日本にある外資系証券会社の担当者に1本の注文が入った。このヘッジファンドは日本のメガバンク3行の株式を数百億円分購入したという。ちょうど同じころ、日経平均株価は約1年10カ月ぶりの高値となる2万230円を付けた(6月20日)。

 

 日経平均は6月2日、2015年12月2日以来、1年半ぶりに2万円台を記録した。それ以降、一時2万円割れとなったが持ち直し、6月19日から7月5日まで終値では2万円台を維持している。今後、15年6月に記録した2万868円を上回るかに市場関係者の注目は集まっている。続きを読む


経営者:編集長インタビュー

半歩先の新技術で企業を支援する

根元浩幸 クレスコ社長

本文を読む

〔第51回 福島後の未来をつくる〕

津波の危険を見過ごした原子力行政の変わらぬ本質

鎮目宰司(共同通信科学部記者)

本文を読む