2018年5月1・8日合併号 週刊エコノミスト

定価:720円

発売日:4月23日

 

ドル沈没 

 

米国債売りで1ドル=80円も

 覇権崩壊で大動乱期に

 

 米国と中国の間で関税強化の応酬となるなど米中の貿易摩擦が激しくなる中、中国の「米国債売却」カードが、ドル覇権に大きな影を落としている。大量の米国債を保有する中国がそのカードを切れば、ドルの信認失墜につながるからだ。3月末には中国の崔天凱・駐米大使が米国債の購入減額について「あらゆる選択肢を検討している」と発言したと報道されるなど、売却観測がくすぶっている。

 

続きを読む