2018年6月19日号 週刊エコノミスト

定価:670円

発売日:6月11日

 

学び直し日本経済

 

 どう違う、景気と経済成長

 「モノは安い方がいいのに」

 

 今の日本は景気が良いのだろうか。日経平均株価は2万2000円を超え、企業も過去最高益というニュースが相次ぐ。企業サイドからみれば確かに景気は良さそうだ。しかし消費者サイドに立てば「実感が湧かない」というのが実態だろう。賃金は、一部の大企業で上がった程度。都市と地方との格差も大きい。


  景気という言葉一つとっても、評価はこれだけ異なる。景気は感性に基づく経済用語だからだ。


  では景気を語るうえで登場する経済成長とは。いかに景気と関連しているのか。そう簡単には答えられなくなってくる。経済事象は暮らしと密接でありながら、難解で取っつきにくいという印象が強いからだろう。 続きを読む