2018年9月11日号 週刊エコノミスト

定価:670円

発売日:9月3日

 

会社を買う 売る 継ぐ

 

サラリーマンが買って継ぐ

「大廃業時代」の救世主

 

三戸政和(日本創生投資代表取締役)

 

 今、日本中の多くの中小企業が、廃業の危機に瀕している。およそ400万社の中小企業のうち、3分の2で後継者が決まっておらず、社長の年齢がそろそろ引退も考えるべき60歳以上の企業に限定しても、半数が後継者不在だ。東京商工リサーチの試算では、127万社が廃業予備軍であるという。

 

 親族に後継ぎがおらず、社内にも社長を引き継げるような人がいない場合、選択肢は二つ。一つは、廃業。もう一つは、誰かに会社を売ること。その2択のどちらがいいかという問いに、どちらも可能であるならば、大多数の社長が後者を選ぶだろう。続きを読む