2018年11月27日号 週刊エコノミスト

定価:670円

発売日:11月19日

 

ドル・原油・金 

「新冷戦」でこう変わる

 

イラン制裁で顕在化 

揺らぐ基軸通貨の地位

 

 米トランプ政権は11月5日、対イラン制裁の第2弾を発動した。イラン経済を支える原油を制裁対象に加え、各国にイラン産原油の輸入停止を求めた。さらに米政府が制裁の切り札にしたのが、世界の基軸通貨である米「ドル」だ。

 

 米政府は国際的な銀行間の送金インフラを提供する「国際銀行間通信協会」(SWIFT(スイフト)、参照)に対しイランの銀行をネットワークから切断するよう圧力をかけた。SWIFTは5日、複数の銀行を切断すると発表。対象銀行は非公表だが、第一弾で指定した50行を含むと見られる。特に支払いがドルで行われる原油取引には打撃だ。

 

続きを読む