2018年12月11日号 週刊エコノミスト

定価:670円

発売日:12月3日

コンビニ最終決戦

おにぎりからビッグデータまで 

人口減で問われる対応力

 

 「誤解を恐れずに言うと、コンビニは飽和状態に近づいていると思う」──。店舗数で国内第2位のファミリーマート(ファミマ)を傘下に置くユニー・ファミリーマートホールディングス(UFHD)の高柳浩二社長は、本誌のインタビュー(76ページ)でこう述べた。

 

 高柳氏は、サービスや来店客数については「まだ限界を感じていない」と強調する一方で、「店舗数はそろそろ限界だ。6万店が7万、8万になる必要はないと個人的には思う」と率直に語った。

 

続きを読む